ブライドルレザーの革を使ったおすすめダレスバッグをご紹介-革のダレスバッグ|お洒落で上質な鞄を集めてみました♪

ブライドルレザーの革を使ったおすすめダレスバッグをご紹介

ダレスバッグの魅力

ダレスバッグは、書類を入れるビジネスバッグ。

立体感のあるフォルムで、中央に留め金具があり、それを外すとがま口タイプの口金がガバっと大きく開くカバンです。

側面が山形・台形になっているデザインが一般的な形です。

お医者さんが持っているカバンと言うとイメージしやすいかもしれません。

最近は、ビジネスライクなデザイン、アタッシュケースに近い丸みを抑えたデザインが増えています。

頑丈でたくさんの書類が入り、出し入れしやすいため、愛用する人が多数います。

アメリカでは、たくさんの書類を扱う弁護士が持つカバンというイメージがあることから、「ローヤーズバッグ」とも呼ばれます。

牛革のものが多く、使えば使うほど独特の風合いが出て、経年変化も楽しめます。

スーツによく似合い、実用性・機能性を兼ね備えたファッショナブルなカバンと言えるでしょう。

カラーバリエーションも豊富です。

ダレスバッグの由来

名前の由来は、戦後来日した米国のジョン・フォスター・ダレス国務長官が愛用していたこと。

ダレス長官は、アイゼンハワー大統領のもとで国務長官を務めた重要人物。

1951年、日米でサンフランシスコ平和条約が締結されるのと同時に結ばれた日米安全保障条約の「生みの親」とされています。

そんなダレス長官が持っていたバッグをヒントに高級鞄メーカー・「銀座タニザワ」が製作・命名しました。

風格があるデザイン、「できる男」のためのバッグであるというブランディングによって、ダレスバッグは日本中にその名が広まったのです。

シンプルでスタイリッシュな印象と、革の種類によってアンティーク風の高級感が演出できるダレスバッグは、おしゃれなビジネスマンに人気の高いアイテムです。

ブライドルレザーとは

ブライドルレザーは牛革の皮革の一つで、表面に凹凸が少ない艶のある素材です。

英国でつくられたブライドルレザーは、水分に強いのが魅力です。

これは、もともと英国は雨が多い地域で、水ぬれに弱い革の弱点を克服するために開発された素材とも言えるものなのです。

また、英国においてレザーは主に馬具製品に使われるものでした。

その中で、硬度の強いブライドルレザーは手綱用の皮革として開発されました。

英国には伝統と独自の高い技術を誇るタンナー(毛のついた生の表皮をなめして加工する製造者)が存在し、それぞれのメーカーによって品質の向上がはかられ、今日のブライドルレザーがあります。


英国御用達レザーとして紹介されるのことの多いブライドルレザーは、日本で人気の高い皮革の一つです。

実は最高級の革というわけではないのですが、使い方次第で一生ものとして付き合っていくこともできる素材です。

硬くてタフな素材感、使い込むほどに磨きがかかるツルツル感は、ブライドルレザーならでは。

革マニアにとっては価値ある逸品であり、とても革製品のデザインを引き立てる魅力的なレザーなのです。

一般的なレザーは経年変化とツヤが魅力だと言われますが、ブライドルの魅力はそれとは少し異なります。

まず、製法が独特で、さまざまな種類のロウ(蜜ロウ、植物性油など)を表面に塗り込んでいます。

表面のすぐ下にロウが塗り込んであるため、油分など他の成分が表に出てくることがなく、同様に表面からオイルなどを使ってお手入れをしても、それが中深くまで浸透していきません。

それによってツルツル感が保たれ、経年変化のような大きな違いは生まれないのです。

おすすめのダレスバッグ

おすすめのダレスバッグを2つご紹介します。


【ブライドル・ダレスバッグ】

まず、一つ目は、「ブライドルダレスバッグ」です。

重要感のあるスタンダードなデザインのバッグです。

ダレスバッグの顔ともいえる正面の金具は、真鍮を削り出したもの。

上部の馬のシルエットは、英国人によって親しまれたポロを彷彿とさせます。

カラーは7色。「ロンドンキャメル」「スイスレッド」は上級者向きのカラーになりますが、シックなスタイルのアクセントに使うことを考えれば、それほど難しく考えずに使うことができるバッグです。

ファッションをたしなむ洒落っ気を演出するには持ってこいです。

遊び心を持つことは、相手の懐に飛び込むきっかけを作りだすこともできます。

「できる男」はそんなところからも仕事を生み出すことができる、そんな心得を教えてくれるような「できるバッグ」です。

【COCOMEISTER ブライドル・ダレスバッグ】の詳細・ご購入はコチラへ


【ブライドル・スマートダレス】

そして、もう一つが「ブライドルスマートダレス」。

丸みを抑えたスマートな薄型モデルで、初心者の人でも使いやすいデザインです。

一見、巷でよく見かける一般的なビジネスバッグに近いシルエットに見えますが、マチ部分の曲線は計算された美しさがあります。

職人の技術によるディテールに加え、上質なレザー、そして、内装は東レ社のスエード調の素材と、どこをとっても納得のいく仕上がりとなっています。

ダレスバッグは、几帳面な人にこそおすすめのバッグと言えるでしょう。

なぜなら、書類や小物を美しく収納してこそ、そのバッグ本来の美しさ、キッチリカッチリとしたデザインと縫製、そして何よりレザーの素晴らしさを引き立てることができるからです。

思わず、背筋がしゃんとする!……そんなバッグを手にすれば、おのずと英国紳士さながらの姿を再現することができるでしょう。

【COCOMEISTER ブライドル・スマートダレス】の詳細・ご購入はコチラへ